「オンス(oz)」ってなに? 

衣料品のカタログやネットショップなどを見ていると、品質表示などで「オンス(oz)」という単位を見たことがないでしょうか。

日本ではあまりなじみのない単位ですが、オンスによって生地の重さや厚み、肌触りや着心地が変わるため、知っておくと目的や季節に応じた自分の欲しい衣服を選ぶ参考になります。

オンスとは(質量の単位)「ヤード・ポンド法による重量を表わす」

正確には1平方ヤードあたりの生地の重さを表す単位面積(oz/yd2)。

この数値が大きくなればなるほど重くなり、生地は厚くなります。

日本ではグラム(g/m2)が一般的ですが、Tシャツはアメリカから普及した製品なので、現在もヤード・ポンド法で表記されています。

<換算方法>グラム(g/㎡)=オンス(oz/yd2)÷0.0295

オンスの数値別の特徴を以下にご紹介します。

3.8オンス

3.5オンス~4.9オンス

薄手から中厚手の一般的なTシャツ生地のイメージ。
夏場は涼しく、寒い季節はアンダーウェアとして使用できる、通年活躍する汎用性の高い生地の厚さです。

5.6オンス

5.0オンス~7.9オンス

ヘヴィーウェイトと呼ばれる厚手生地で、型崩れが少なく耐久性があります。
中でも6.5オンス以上は、スーパーヘヴィーウェイトと呼ばれ重厚感のある生地で最高クラスの厚さとなります。

8.4オンス

8.3オンス~13.0オンス

スウェット(トレーナー)生地です。
裏パイル(裏毛)や裏起毛があり、吸湿性、保温性に優れています。


オンスを調べたい時は、ネットやカタログであれば製品仕様、手元にある衣類であればタグを確認してみてください。
サイズと一緒に「5.6oz」などと書かれていることが多いです。

もし、タグに表記がない場合は、Tシャツなどの型番をメーカーのウェブサイトで調べると表記されていることがあります。

「オンス(oz)」を知って、ぜひ自分にぴったりの一枚を見つけてくださいね。

ー参照元:ユナイテッドアスレ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA