旧洗濯タグについて(改定前)

2016(平成28) 年12月より消費者庁の「家庭用品品質表示法に基づく繊維製品品質表示規定の改正」に伴い、洗濯タグの図形は旧洗濯表示から新洗濯表示へ表記内容が変更となっております。

ここでは過去の「旧洗濯表示内容」についてご紹介したいと思います。

・洗い方(水洗い) 7種類

・塩素漂白の可否 2種類

・干し方 4種類

・アイロンの掛け方 4種類

・ドライクリーニング 3種類

・絞り方 2種類

過去のJIS規定表示を見ると、現行の規定表示に比べ大まかな分類指定にも見受けられます。

また絞り方の項目も存在し、タンブル乾燥の項目は存在しませんでした。

洗濯家電の進歩に伴い、家庭での取り扱い方も日々変化していると言えます。

//////// 洗濯分類について まとめTOP//////////

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA